wavでロングチップを作る

注意

現在、GDA Creator Professional と kmsconv を使うことで、直接 pms ファイルをいじらずにロングチップを作ることができるようになりました。

作ってみる

m001:000 o4 c{$wave(x01)}

というチップをロングチップにしてみます。そのためには、長さと「ロングチップであること」を指定しなければなりません。

長さの指定は、キーの指定と音だねの間に書きます。書き方は2種類あります。

チップの長さ早見表

1小節は*192ですが、次にくるチップのことを考えて、8分(*24)から16分(*12)くらい短くしておくとよいでしょう。

KM2の Ride on the Light みたいに、そのまま*192と指定することもあります。そのときは、次のチップとぶつからないように注意してください。

ロングチップであることの指定は、音だねの次に[!l](小文字の"エル")を書けばOKです。

これらをふまえて、x01に設定した音が1小節鳴るとすると、

m001:000 o4 c*180{$wave(x01)}[!l]

と変更します。

もどる